先輩社員の声
横山 明(よこやま あかり)
1995年生まれ
広島県尾道市出身
大阪調理製菓専門学校
2016年入社
やまねこカフェ所属

■どんな自分になりたいか?

学生の頃は、ほぼ毎日居酒屋とレストランでアルバイトをしていました。就職活動を始める時期になって、いろんなことを考えました。
自分がしたいことは何か。自分はどこでどんな場所で働きたいのか。そして自分にできることは何なのか。
たくさん考えた結果、私は自分が作ったものを、自分の手で提供できるようなお客様との距離が近い場所で働きたいと思いました。
そして一番に、自分が生まれ育った尾道で働きたいと思いました!どんな自分になりたいのかをしっかり考えることで、自然とやりたいことも見つかるはずです。

■就職先に尾道市を選んだ理由は?

大好きな地元である尾道で働き、また、尾道を元気にしていきたいと思ったからです。

■入社を決めたきっかけは何ですか?

尾道で就職しようと考え、会社を探し始めた時、尾道を元気にしている会社はどこだろうと思いました。
そこで、高校生の頃に行ったやまねこカフェのイキイキしたスタッフの姿を思い出し、いっとくという会社に興味を持ちました。
調べてみると、空き家の再生に積極的に関わっていたり、みんなで米作りをしていたりと飲食店の経営だけでなく、食やイベントを通じて尾道を元気にしている会社だと強く感じました。
自分もここに加わり、一緒にイキイキと働きたいと思ったので入社を決めました。

■どんな時にやりがいを感じますか?

自分が考えたデザートを自分の手で盛り付けてそれを出した時のうれしそうな顔を見る時。
そして「おいしい!」と言っていただけた時に一番やりがいを感じます。
お客様と濃く関われるところで働きたかったのでカウンターがあってお客様の顔を見ながら働けるのがとても楽しいです。
初めて来られた方、お一人の方でも「また来ます!」と言っていただけたり常連の方とは名前で呼び合えたり。小さなお店だからこそのやりがいを日々感じています。

■会社・職場の雰囲気はどうですか?

自分で考えて動く「考動」を大切にしている職場です。
その分、大変なこともありますが、やっていて間違っていることがあったり更に良くなるような案があれば仲間のみんながアドバイスをくれるので色々なことにチャレンジできます。
そして、オン・オフはきっちり!スタッフの誕生日にはみんなで焼き肉に行ったり飲みに行ったり、楽しいこともたくさんあります。

山内 慎也(やまうち しんや)
1992年生まれ
広島県尾道市出身
西日本調理製菓専門学校
2016年入社
ベッチャーの胃ぶくろ所属

■自分としっかり向き合って考えて

就職活動は自分としっかり向き合える機会だと思います。悩むこともたくさんあるかと思いますが、小さい頃の自分の夢はなんだったか?昔から好きだったことは何か?しっかりと考えて働く会社を決めるべきだと思います。人生一度きり、なんとなくではなく「やりたいこと」に向かって進むことが大切だと思います。

■就職先に尾道市を選んだ理由は?

生まれも育ちも尾道なので、地元に貢献できるようなことがしたいから。

■入社を決めたきっかけは何ですか?

大好きな地元である尾道で働き、また、尾道を元気にしていきたいと思ったからです。

■どんな時にやりがいを感じますか?

失敗が成功に変わるとき。
失敗したことでも次は成功しようと努力し、それがカタチになった時。
毎日の営業の中、チャレンジの繰り返しで日々成長している実感があります。

■会社・職場の雰囲気はどうですか?

社長をはじめ、店長や会社を引っ張っている上司が明るくて挑戦心があり、失敗を恐れない会社です。そしてやる時はとことんやる会社!毎年一月の新年会は全店舗のスタッフが集まり総勢約100人近い人数でチームに分かれて出し物をしたり、一年間のMVPを決めたりと仕事以外の面でも、やるならとことんやる会社です。

■将来、どんな自分になっていたいですか?

人に愛される人間になりたいです。
どれだけ仕事ができても周りに仲間がいなかったらものすごく寂しい人生だと思います。
いっとくは仲間の絆がすごく強いです。まだ入社して年数は浅いんですが、「一生付き合える仲間」っていう感じがします。この仲間の中でも特に愛される存在を目指していきます!